コラム

任意整理

  • 条件
  • メリット
  • デメリット
  • 注意点
  • 費用

任意整理とは「お客さまの借金を減らす交渉」を司法書士などに委任するものです。当サイトでの任意整理は、専門の司法書士などが債権者に対し、お客さまが最初に借金を開始したときから現在にいたるまでの借入と返済のすべての記録を開示するよう請求します。また過払い金の計算を行い、お客さまの元にいくら戻るのかを厳密に計算いたします。この上でなお借金が残るようであれば、今後の利息をなくした上で、小額での返済などへの切り替えを行うよう債権者と交渉いたします。これにより、債権者からのお客さまへの取立てをストップすることができる上、債務総額も縮小されるため、負担の少ない月々の返済を行うことが可能となります。

自己破産・免責

  • 条件
  • メリット
  • デメリット
  • 注意点
  • 費用

自己破産とは「お客さまの借金を帳消しにする」ための手続きです。当サイトでの自己破産は多重債務などに陥り、これ以上借金を支払えないという場合、司法書士などの専門化を派遣し、お客さまの現在の借入状況などを勘案した上で、破産の手続きを行います。この手続きは裁判所を通して行いますが、その過程でお客さまの財産などをすべて精査いたします。このときに土地や家屋などの資産は債権者に分配されますが、生活必需品や今後の生活に必要な最低限の現金などは保証されます。自己破産を行った後に日常生活で困窮するような事態には陥らないため、債務整理後がご心配な方でも安心してご利用いただけます。

過払い金返還請求

無償過払い計算ツール
  • 条件
  • メリット
  • デメリット
  • 注意点
  • 費用

過払い金の返還請求とは「お客さまが債権者に払い過ぎた利息を取り戻す」ための手続きです。当サイトでの過払い金返還請求は、司法書士などの専門家がお客さまの債務な計算をすることで、お客さまが本来支払う必要がなかった超過利息をすべて割り出し、その金額を当サイトの担当者が、裁判所もしくは直接の話し合いを通して債務者に請求いたします。専門家がすべての交渉を担うため、結果として、現在借金を返済中のお客さまであっても過払い金との相殺によって債務がなくなる場合もあり、また任意整理と併用することで、債務が大幅に軽減できたり、自己破産を回避できる可能性が高まるため、メリットの大きな債務整理手法だと言えます。

個人民事再生

  • 条件
  • メリット
  • デメリット
  • 注意点
  • 費用
個人民事再生とは「お客さまのマイホームを手放すことなく、借金を大幅に減額する」ための手続きです。当サイトで個人民事再生を委任された場合、司法書士などの専門家が、不動産を含め、お客さまの財産について綿密な調査を行います。その結果、住宅ローンをのぞいた借金の総額が5000万円以下であり、かつ将来的に一定の収入があると判断した場合、担当者が地方裁判所に申し立てを行います。これにより、お客さまの持ち家と財産は保護され、またこれに加えて担当者が借金の減額を債権者と交渉するため、お客さまは、債務総額の1~2割程度の金額を3年から5年の長期間で少額ずつ返済することが可能となります。

特定調停

  • 条件
  • メリット
  • デメリット
  • 注意点
  • 費用
特定調停とは「債権者に対して自分で借金を減らす交渉」を行う手続きのことです。具体的にはお客さまご自身が簡易裁判所を通して申し立てを行うことで、債権者に対して借金の減額を申し出ます。裁判所の調停委員が仲介を行うため、お客さまと債権者のそれぞれに対して公平な和解案を提供します。和解案の内容はそのほとんどが3年以内をめどとした減額および無利息の返済計画が立てられるものです。ただし、特定調停はお客さまご自身が申し立ての手続きを行うものです。特定調停を行う場合、お客さま個人が債権者と直接交渉を行うため、和解に手間取ったり、場合によっては協議が決裂することもあるため、その点には注意が必要です。

サラリーマンの借金

事例紹介 お勤めの方

任意整理もしくは個人民事再生をおすすめします。サラリーマンの方の借金の債務整理は、様々なパターンが想定されるため、必ずしも特定の債務整理手法が有効であるとは限りません。しかし定期的な収入が期待されるため、自己破産のようなややデメリットの大きな債務整理を行うよりは、任意整理をはじめとする社会的な影響の小さな債務整理が有効だと言えるでしょう。また、マイホームなどの財産を残したいと考える場合には個人民事再生の手続きを取ることで、現在の生活を維持することが可能です。いずれにせよ、給与の差し押さえの危険性を考慮した上で、プライバシーを重視しつつ迅速な債務整理を行うことが求められます。

女性の借金

事例紹介 女性の方

任意整理をおすすめします。レディースローンや女性専用のキャッシングなどにより、女性の方の借金の債務整理は現在大幅に増えつつあります。また同様に買い物などのショッピングローンによる多重債務も後を絶ちません。これらの悪循環を絶ち切り、また返済しきれなくなった借金を減らすには任意整理が最も的確な債務整理だと言えます。一定期間クレジットカードの使用ができなくなるものの、これを機に借金の先送りをする生活からライフスタイルの大幅な転換ができると言えます。ただし、定期的な収入のない方などは自己破産なども念頭に入れ、自分の債務状況に見合った債務整理を行うことが必要です。

公務員の借金

事例紹介 公務員の方

基本的には任意整理をおすすめしますが、マイホームなど不動産の問題があるようでしたら個人民事再生も検討いたします。公務員の場合、金融業者の審査において通常よりも融資されやすい傾向にあります。その結果、債務総額が膨らみがちな上、加えて共済組合など、債務整理を行うと日常生活に支障をきたしやすい借入先を利用している方が多いのが実情です。ただし、公務員の方の場合、民間よりも将来的な収入には困窮しない可能性が高いため、任意整理などの手段を用いることで、現状の仕事を維持するとともに、自己破産を極力回避して実生活に影響を及ぼさないかたちでの債務整理を中心に考えることが必要となります。

専業主婦の借金

事例紹介 主婦の方

任意整理もしくは自己破産をおすすめします。専業主婦の方やパートタイマーの方の場合、目立って大きな借金をしている方は少ないものの、生活費のやりくりをするために借入を繰り返すことによって、次第に借金が雪だるま式に膨れ上がり、気がついたときには多重債務に陥っていたと言うケースも往々にして見受けられます。とくに総量規制によって、借入額が年収の3分の1以下と定められている現在、返済に困って闇金に手を出す人も少なくありません。そのため、現状の生活費の中から返済のめどが立つようでしたら任意整理を行いつつ、万一返済が不可能な場合には自己破産も想定して債務整理を行った方がいいでしょう。

経営者の借金

事例紹介 自営業の方

任意整理・個人民事再生・自己破産など、そのときの借入状況に応じた柔軟な債務整理が必要となります。経営者や自営業の方の場合、債務総額や借金の規模が大きくなりがちです。とくに経営者は会社の借入について個人保証をしたり、また社長個人が借入をすることも少なくありません。そのため、事業を継続した場合の返済の見込みや、また事業をやめた場合の家族を含めた今後のライフマネジメントなど、多角的な視点から債務整理を検討する必要が生じます。また不動産の維持なども視野に入ってくることが多いため、自分で一概にどの債務整理を行うかを決めつけず、必ず専門家に相談することをおすすめします。

非正規雇用の借金

事例紹介 派遣の方

任意整理をおすすめします。派遣社員やアルバイトなどは、以前よりも就業スタイルが社会的に認知されやすくなったため、これに伴って金融業者からの借入もしやすくなりました。しかしながら依然として安定感に乏しい就業形態であるため、例えば会社都合による一方的な人事異動や解雇などに遭うことで、唐突な収支計画の変更を迫られることも珍しくありません。そのため、債務整理を行う場合には何よりも早い段階で手を打つことが必要となります。多重債務に陥った場合、任意整理によって毎月安定した返済に切り替えられたところを現状を放置した結果、自己破産を余儀なくされることも往々にして起こりうるものなのです。

連帯保証人の借金

事例紹介 保証人の方

連帯保証人の方の場合、借り手である主債務者の方の債務状況に合わせて任意整理・個人民事再生・自己破産など、各種の債務整理を柔軟に使い分ける必要があります。なぜなら債権者にとって返済するのは、債務者であっても連帯保証人であっても構わないためです。ですので、連帯保証人の方は、借り手となった債権者がどのような返済計画で、幾ら借りているのかに応じて、どの債務整理の手段を用いるかを考える必要があります。また、借り手となった債務者が返済の意志に乏しい場合、状況によっては借り手とは別に連帯保証人の方単独で、連帯保証人である自分自身に対する債務整理を行うことも必要となることがあります。

名義貸しの借金

事例紹介 名義貸しの方

名義貸しで借金を負った方の場合、まずは当サイトからご連絡いただき、債務整理の専門家と綿密な打ち合わせを行うことが肝心です。なぜなら名義貸しを行った方は自分が借りたわけではないにも関わらず、取立てを受けることでその理不尽な状況にパニックに陥っている方が多いためです。一般的には名義貸しで借金をした場合でも、名義人に返済義務が生じるため、債務整理が必要となります。とくに男女間や家族間での名義貸しによる被害が増えているため、これらの事態が生じた場合にはまず何よりも先に当サイトにご連絡することをおすすめします。お客さまがご安心できる最適な解決策を必ず提供いたします。

無職・無収入の借金

事例紹介 無収入の方

任意整理もしくは自己破産をおすすめします。現在お仕事をしていない、もしくは求職中である方の場合、返済計画を立てることは容易ではありません。アルバイトやパートなどである程度の見込みが立つのであれば任意整理を行うことも視野に入りますが、収入が確定しない状況では自己破産となるケースが多いのが実情です。ただし、当サイトでは債務整理の専門家が複数の観点から債務整理後、お客さまが最も円滑にライフスタイルを再構築できるよう取り計らうため、お客さまが自己破産以外の債務整理を強く希望され、かつアルバイトなども含めて将来的な収入が確保できるようであるならば、任意整理も視野に入れた債務整理を行います。

家族・友人の借金

事例紹介 ご家族の方

まずは当サイトからご相談をいただくことが何よりも先決です。ご家族やご友人の方が借金を負っている場合、多重債務や債務超過などのように状態が悪化するまで放置し、その結果、周囲に迷惑をかける事が多いのが実情です。また自分自身とは直接関係ないとは言え、親しい間柄の人間が借金で苦しんでいる姿を目の当たりにするのは精神的な負担ともなりかねません。ただし、お客さまの方でその状況に対して一方的な意見を述べてしまうのでは素人の判断故に危険も伴います。ですので、まずは当サイトからアクセスされた上、無料相談を行うことをおすすめします。お客さまの大切な人を必ずお救いいたします。